魂の目的を知って最短で望む人生を生きる方法 薄木宏子

ようこそ。
魂の目的を知って最短で望む人生を生きる方法 Splendor Love 薄木宏子です。

母の精神疾患を機に、アロマセラピーとレイキを修得。
アロマセラピスト・ベビーマッサージ講師として、2003年に起業。
5年間で1000組以上の親子がベビーマッサージレッスンを受講。
子育て支援センター・小学校PTA・ママサークルで講座、老人施設でのボランティア活動を実施。
その間、フラワーエッセンスを輸入する会社でPR業務を行ないながら、エネルギーや身体と心の関係について根本から学び、人の想念は自分の身体

記事一覧(16)

子育て中のお母さんのヒーリングレポート①

お子さんが、リビングに自分のものを置きっ放しにする、自分の部屋の掃除をしないことなどの態度に苛立ち、何度も言葉をかけているにもかかわらず無視して耳を傾けないお子さんに、過度に怒りを感じて手をあげたり、泣くまで追い詰めたりすることにお悩みのAさん。ほんとうは愛しているのに、そんな行動をとってしまう自分が嫌になるそうです。お母さんは、自分がお子さんをコントロールできないことに苛立ちをおぼえることがあります。Aさんもつい感情的になってしまうそうです。ご家族の問題に心を痛めるとき、実はお母さんの内面に潜む何かに向き合うチャンスかもしれません。過度に怒りを感じたときに、なぜ自分はこのことに過度に怒るのか感じてみると、糸口が見えてきます。なぜなぜと掘り下げていくと、自分の感情が動いた理由に思い当たるかもしれません。同じような状況でも、すべてのお母さんが同じように過度の怒りを覚えるわけではないと思います。だとしたら、お子さんの行動を修正することに必死になるよりも、まずは怒りが湧いてくる自分自身をヒーリングすることで、お子さんに感情的にならずにより冷静に向き合えるようになるのです。 Aさんはヒーリングをするうちに、根っこが自分にあることに気づきました。過去の出来事で感じた「許せない」という感情でした。このケースの場合、「許せない」感情を作った自分自身の原因を浄化するなどのヒーリングが有効なのでそれを行なったところ、後日このような変化があったそうです。『あれから穏やかな気持ちで過ごせています。イラっときていた状況に怒りは時々出てきますが、以前のような爆発する感情はなくなりました。イラっと来そうな時も、自分のその感情と向き合えるようになれた気がします。自分でもビックリです!この状態が定着するようヒーリング頑張ります。』

ヒーリングでアルツハイマーの母が変化したこと

アルツハイマーが進行して2年前から特養に入所している母に面会に行った時のことです。(私のことは既に認識できていない状態です。)数ヶ月前に面会した時は、うつ向いて顔をしかめてネガティブな言葉を並べ、話しかけても聞こえていないかのように自分の世界に入ったままでした。 今回もはじめは前回と同じような様子でした。 1.2歳の幼児のように意味のわからないことをつぶやいていました。体はいつもうつ向いているせいか、肩甲骨あたりから背骨が前に曲がってかたまっていました。 少し右に湾曲もしていました。 そこで、脳と背骨にヒーリングをしたところ、右に湾曲していた背骨がまっすぐになりました。(前に曲がったのはそのまま変化なし)そして突然、意味不明の幼児語のようだったのが、日本語を普通に話し始めたのです! 話の内容の辻褄は合いませんが、普通に話すスピードで会話が成り立ちます。 「この服可愛いね!」と言ったら、「ありがとう!」と、少女のような満面の笑みを浮かべました。会話のキャッチボールができるなんて!! 変化を目の当たりにして一緒にいた息子がびっくりしたので、「今脳をバラバラにして組み立て直したのよ。」と説明したら、「ほんとかよ⁈」と言って信じていませんでしたが。